スカイライナー インターネット予約サービス

会員規約
スカイライナーチケットレスサービスにお申し込みいただき、誠にありがとうございます。以下の「会員規約」をお読みいただき、内容にご承諾いただける場合は、「規約に同意する」にチェックを入れ、「次に進む」を押してください。

第1条(目的)
  本規約は、京成電鉄株式会社(以下、「当社」といいます)が提供する、「スカイライナーインターネット予約サービス」(以下、「本サービス」といいます)の利用条件を定めるものです。本規約に定めていない事項については、当社の旅客営業規則等に定めるところによります。なお、本サービスを利用した場合、お客様は本規約に同意したものとみなされます。
 
第2条(用語の定義)
  本規約における主な用語の定義は、次の各号に掲げるとおりとします。
(1) 「利用者」とは、本規約を承認の上、本サービスを利用する全てのお客様のことをいいます。
(2) 「会員」とは、本規約を承認の上、本サービスのウェブサイトにおいて入会を申込み、当社が入会を承諾したお客様のことをいいます。
(3) 「非会員」とは、本規約を承認の上、本サービスのウェブサイトにおいて入会申込みをせず、本サービスを利用するお客様のことをいいます。
(4) 「スカイライナーチケットレスサービス」とは、当社ライナー券売機等にてライナー券の購入・受け取りをすることなく、指定のスカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーへ乗車できるサービスのことをいいます。
(5) 「ライナー券」とは、スカイライナー券・イブニングライナー券・モーニングライナー券・シティライナー券のことをいいます。
(6) 「特別急行料金」とは、ライナー券の料金のことをいいます。
(7) 「ネットライナー券」とは、利用者がスカイライナーチケットレスサービスを利用して購入したライナー券で、当社指定のURLから本サービスのシステムのサーバー上に記録された購入情報をスマートフォン等の画面に表示させたもののことをいいます。
(8) 「決済サービス」とは、当社が指定する提携事業者が提供する以下の決済方法のことをいいます。
  ①楽天ペイ
  ②Yahoo!ウォレット
  ③リクルートかんたん支払い
(9) 「ユーザーID」とは、本サービスにおける会員が定める半角英数字8~12文字の情報のことをいいます。
(10) 「パスワード」とは、会員を認識するための情報のことをいいます。
(11) 「ID・パスワード再通知用暗証番号」とは、会員がユーザーIDまたはパスワードを忘失した場合、当社が会員にユーザーIDまたはパスワードを通知するために入会時にあらかじめ登録しておく暗証番号のことをいいます。
(12) 「チケットレス暗証番号」とは、非会員の購入情報を認識するための情報のことをいいます。
(13) 「ログイン」とは、会員がログイン画面にユーザーID、パスワードを入力することで本サービスのシステムに接続することをいいます。
(14) 「ログイン情報」とは、ユーザーID、パスワード、ID・パスワード再通知用暗証番号のことをいいます。
(15) 「メール」とは、スマートフォン等の電子メールで、本サービスの運営に利用するもののことをいいます。
(16) 「ホームページ」とは、本サービスのWEBサイトのことをいいます。

第3条(本規約の変更)
  当社は、事前に利用者に通知することなく、本規約(サービスの内容を含みます)を変更できるものとします。なお、本規約を変更した場合、変更内容を当社がホームページに表示した後に、利用者が本サービスを利用した場合、当該利用者は本規約の変更に同意したものとみなされます。
2 変更された本規約は、ホームページ上に表示した時点で、効力を有するものとします。
3 当社は、第1項の変更に起因した利用者の損害等について一切の責任を負いません。

第4条(利用者が享受できるサービス)
利用者は、次の各号のサービスを受けることができます。
(1) スマートフォン等より、本サービスのシステムに接続し、ライナー券(ネットライナー券を含みます)の予約・購入をすること
(2) ネットライナー券の特別急行料金を、当社が指定するクレジットカードまたは決済サービスにより決済すること
(3)スカイライナーチケットレスサービスを利用すること
2 本サービスは、全てのスマートフォン等に関して動作を保証するものではなく、利用者が利用するスマートフォン等の機種によっては、前項のサービスの全部または一部を利用出来ないことがあります。
3 当社は、前項に定める理由により利用者が本サービスを利用できなかったことによる利用者の損害等については、一切の責任を負いません。

第5条(入会・会員)
  入会申込は、本規約に同意し、当社が指定する手続きに従って次の各号の情報(以下、「会員情報」といいます)を入力し、会員登録申請することにより行うものとします。
(1)会員の氏名
(2)会員の電話番号
(3)会員のメールアドレス
2 当社は会員登録希望者に対し、仮登録完了通知をメールにより発信いたします。会員登録希望者は、仮登録完了通知メール内の本登録用URLに2時間以内にアクセスし、会員登録を申請するものとします。ただし、申請時のメールアドレスが誤っている場合には、仮登録完了通知が受信できないため、会員にはなれません。
3 当社が登録完了通知をメールにより発信し、申請者に当該通知が着信した時点で、申請者は会員になるものとします。

第6条(変更の届出)
  会員は、当社に届出ている会員情報に変更が生じた場合には、速やかに所定の手続きにより修正しなければなりません。

第7条(退会および会員資格の取消)
  会員は、当社指定の方法により退会手続きをすることにより、退会できるものとします。ただし、当社の判断により本サービスの運用の全部または一部を中断および中止している場合は退会ができない場合があります。
2 前項にかかわらず、以下の各号のうちひとつでも該当する場合は退会できないものとします。
(1)スカイライナーチケットレスサービスにおいて、決済が行われていない予約がある。
(2)スカイライナーチケットレスサービスにおいて決済後、未だ乗車されていない予約がある。
3 前項にかかわらず、会員が以下の各号のうちひとつでも該当する場合、当社は、当該会員に事前に通知することなく、直ちに会員資格を取り消すことができるものとします。
(1)第10条の禁止事項の行為を行った場合
(2)最終決済日から起算して1年間決済がない場合
(3)本規約に違反した場合
(4)その他、会員として不適切もしくは会員の継続が困難であると当社が判断した場合
4 前項の規定に基づいて当社が会員資格を取り消した場合、当該会員の保有する本サービスおよび本サービスに関連するサービスにおけるすべての権利は失効するものとし、当社は、権利の失効に伴って発生した会員の損害に関して一切の責任を負いません。

第8条(非会員情報の入力)
  非会員は、本サービスでライナー券(ネットライナー券を含む)を予約・購入する場合は、本規約に同意し、次の各号の情報(以下、「非会員情報」といいます)を入力するものとします。
(1)非会員の氏名
(2)非会員の電話番号
(3)非会員のメールアドレス

第9条(本サービスに関する業務の委託)
  当社は本サービスおよび本サービスに関する業務の一部または全部を当社が指定する第三者に委託できるものとします。
2 前項の場合、当該第三者に、本サービスおよび本サービスに関する業務において必要となる当社の有する情報、本サービスの内容の一部または全部を継承できるものとします。この場合利用者は当社の有する情報が業務を継承する会社等により本サービスに関する業務に利用されることに同意します。
第10条(禁止事項)
  利用者は、本サービスの利用にあたって次の各号の行為を行ってはならないものとします。次の各号に該当する行為を行った場合、当社は事由の如何を問わず、本サービスの利用をお断りできるものとします。なお、これに伴い利用者に発生した損害に関し、当社は一切の責任を負いません。
(1)乗車する意思が無いにもかかわらず多数の予約・購入を行う行為
(2)当社または第三者の財産権、プライバシーその他の権利を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
(3)公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為
(4)犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為
(5)事実に反する情報を登録もしくは送信する行為、または登録された情報を改ざんもしくは消去する行為
(6)当社に対して虚偽の申告、届出を行う行為
(7)本サービスに関連する営利を目的とする行為、またはその準備を目的とする行為
(8)本サービスの信用を毀損する行為、またはそのおそれのある行為
(9)本サービスの運営を妨げる行為、またはそのおそれのある行為
(10)クレジットカード会社および決済サービス提供事業者と利用者との間の契約に違反し、そのクレジットカードを本サービスにおいて利用する行為
(11)ログイン情報およびチケットレス暗証番号を不正に使用する行為、またはそのおそれのある行為
(12)ホームページに対しコンピューターウィルス等有害なプログラムを使用するもしくは提供する行為、またはそのおそれのある行為
(13)その他、法令に違反する、または違反するおそれのある行為
(14)前各号に定める行為を助長する行為
(15)その他、当社が不適切と判断する行為

第11条(ログイン情報の管理)
  ログイン情報は、会員本人のみが利用できるものとし、会員以外の第三者に利用させてはなりません。
2 会員は、ログイン情報を他人に知られることがないよう、会員本人が責任をもって管理しなければなりません。
3 ログイン情報の管理不十分等による損害の責任は会員の故意過失の有無にかかわらず会員が負うものとし、当社は、会員の行為が原因でログイン情報が漏洩したことにより生じた会員の損害については一切の責任を負わないものとします。
4 会員は、ログイン情報の盗難、漏洩があった場合、直ちに当社にその旨を連絡するとともに、当社からの指示に従うものとします。
5 会員は、ログイン情報を忘失した場合、ログインできません。
6 当社所定の手続により、会員情報登録の際に登録したメールアドレスとID・パスワード再通知用暗証番号を入力した場合、ユーザーIDの確認およびパスワードの再設定をすることができます。メールアドレスおよびID・パスワード再通知用暗証番号を誤って入力し、かつ誤入力が一定の回数に達した時は、再通知の利用ができなくなることがあります。

第12条(チケットレス暗証番号の管理)
  非会員は、チケットレス暗証番号を第三者に知られることがないよう、責任をもって管理するものとします。
2 チケットレス暗証番号の管理不十分による損害の責任は非会員の故意過失の有無にかかわらず非会員が負うものとし、当社は、非会員の行為が原因でチケットレス暗証番号が漏洩したことにより生じた非会員の損害については一切の責任を負わないものとします。
3 非会員は、非会員情報およびチケットレス暗証番号を忘失した場合、スカイライナーチケットレスサービスを利用できません。
4 チケットレス暗証番号については、申込内容の確認画面から変更することができます。

第13条(会員情報の取扱い)
  会員は、入会申込みにおいて、正確な個人情報を当社に提供するものとします。
2 会員は、当社に届出た個人情報に変更が生じた場合、速やかに所定の手続により当社に届出るものとします。
3 当社は、会員情報を京成電鉄個人情報保護方針および当社規定に基づき適切に扱うものとします。
4 当社は、会員情報を本サービスおよび本サービスに付随するサービスにおいて利用します。
5 会員は当社が、会員情報を本サービスの直接提供の他、以下の目的で利用することに同意するものとします。
(1)退会後においても、緊急時に情報を提供するための電子メールの送付
(2)本サービスにおける新規サービスの追加または本サービスに関連する情報の提供
(3)本サービスの利用動向の統計分析
6 会員は、当社が本サービスの運営上必要な範囲で会員情報を業務委託先、クライアント等の第三者に開示することに同意します。
7 当社は、会員が第三者に不利益を及ぼすと判断した場合には、登録内容を当該第三者や警察または関連機関に通知することができます。
8 裁判所、検察庁、警察、弁護士会、消費者センターまたはこれらに準じた権限を有する機関から会員登録内容についての開示を求められた場合、当社はこれに応じて情報を開示することができます。
9 会員は、会員情報が本サービスおよび今後当社において新たに展開するサービスに関し利用されることに同意するものとします。

第14条(非会員情報の取扱い)
  非会員は、本サービスの利用において、正確な非会員情報を当社に提供するものとします。
2 当社は、非会員情報を京成電鉄個人情報保護方針および当社規定に基づき適切に扱うものとします。
3 当社は、非会員情報を本サービスおよび本サービスに付随するサービスにおいて利用します。
4 非会員は、当社が、非会員情報を本サービスの直接提供の他、以下の目的で利用することに同意するものとします。
(1)緊急時に情報を提供するための連絡
(2)本サービスにおける新規サービスの追加または本サービスに関連する情報の提供
(3)本サービスの利用動向の統計分析
5 非会員は、当社が本サービスの運営上必要な範囲で非会員情報を業務委託先、クライアント等の第三者に開示することに同意します。
6 当社は、非会員が第三者に不利益を及ぼすと判断した場合には、非会員情報を当該第三者や警察または関連機関に通知することができます。
7 裁判所、検察庁、警察、弁護士会、消費者センターまたはこれらに準じた権限を有する機関から非会員情報についての開示を求められた場合、当社はこれに応じて情報を開示することができます。
8 非会員は、非会員情報が本サービスおよび今後当社において新たに展開するサービスに関し利用されることに同意するものとします。
9 非会員は、第三者のために座席予約・購入を行う場合、事前に当該第三者に係る個人情報を当社に通知する旨の承諾を得ているものとみなします。

第15条(個人データの欧州経済領域外への移転)
  当社は会員情報および非会員情報を欧州経済領域(以下、「EEA」という。)から域外の国に移転して取り扱う場合があります。EEA域内に所在する利用者は、欧州委員が個人データ保護の十分性決定を行っていない国へ、標準契約条項などの保護措置なしに当該データが移転されることに同意するものとします。

第16条(スカイライナーチケットレスサービスによる特別急行料金の決済)
  本サービスによる特別急行料金等の決済は当社が指定するクレジットカードまたは決済サービスにより行うものとします。なお、利用可能な決済方法については、当社が指定し、利用者に予告なく変更する場合があります。
2 利用者は、本サービスによる特別急行料金等のクレジットカード決済にあたり当社所定の手続により、カード名義人氏名、有効なクレジットカード番号、カード有効年月、セキュリティコードを入力するものとします。なお、利用可能なクレジットカードについては、当社が指定し、利用者に予告なく変更できるものとします。
3 利用者は、本サービスの利用に関連してクレジットカード会社および決済サービス提供事業者との間または第三者との間で紛争が生じた場合、自己の費用と責任において解決するものとし、当社に何らの損害を与えないものとします。また、当社は、かかる紛争に関連または起因して利用者に生じた損害につき、一切の責任を負いません。
4 利用者とクレジットカード会社および決済サービス提供事業者との紛争に関連または起因して当社が損害を被った場合、利用者は、かかる損害について当社に賠償する責任を負うものとします。

第17条(スカイライナーチケットレスサービスの契約の成立時期および適用規定)
  本サービスによる運送等の契約は、利用者自らがスマートフォン等の操作により当社ネットライナー券の購入手続きをし、当社システムが座席番号確定後、購入実行処理をし、当社から購入情報を利用者にメールで返信した時点で成立するものとします(なお取消の場合も同じ条件とします)。

第18条(スカイライナーチケットレスサービスによるスカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーへの乗車)
  利用者は、ネットライナー券に表示された列車の指定された座席を利用するものとします。
2 利用者は、スカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーに乗車する場合、乗車列車に該当するネットライナー券を表示できるスマートフォン等を携行するものとします。なお、購入情報の画面を用紙に印刷した場合や複製した場合等については、無効とします。
3 利用者がスマートフォン等を携行しなかった場合、または乗車時にスマートフォン等の故障および電池切れ等により、当社の係員が当該のネットライナー券を確認できない場合は、利用者は当該区間のライナー券を再度購入するものとします。
4 前項の場合、利用者は、旅行終了駅において、再収受証明書の交付を請求することができます。

第19条(再収受した料金の払い戻し)
  前条の第3項の規定によって特別急行料金を支払った利用者は、スマートフォン等の故障修理後および充電後、当該ネットライナー券の購入履歴と再収受証明書とを1年以内に各駅窓口の係員に提示および差し出し、再収受した日においてネットライナー券が有効なものであったことを確認できた場合は、当社規則により手数料を差し引いた上でネットライナー券を払い戻しします。

第20条(係員の確認)
  利用者は、スカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーに乗車の際、当社係員の求めがあった場合はいつでも、当該列車に該当するネットライナー券が表示されたスマートフォン等の画面を提示するものとします。

第21条(スカイライナーチケットレスサービスによるネットライナー券の予約・購入)
  スカイライナーチケットレスサービスによるネットライナー券の予約・購入の取扱いは次の各号のとおりとします。
(1)予約・購入可能期間および予約内容の保持期限は、スカイライナー・イブニングライナー・モーニングライナーまたはシティライナーの乗車日の1ヵ月前の午前9時から乗車するスカイライナー・イブニングライナー・モーニングライナーまたはシティライナーの所定の出発時刻の5分前までとします。なお、保持期限を過ぎた予約は自動的に解約されます。
(2)イブニングライナー・モーニングライナーの予約のみを行うことはできません。
(3)一度に予約・購入できる人数は、大人・小児合わせて8人までです。
(4)本サービスにおける発売座席数は当社の定めによるものとし、事前に利用者に通知することなく変更できるものとします。
(5)予約・購入できる列車は、スカイライナー・イブニングライナー・モーニングライナーまたはシティライナーの上下各列車です。
(6)予約・購入の手続きが完了した場合、その旨をメールで通知します。通知メールの送信をもって予約・購入が成立するものとします。

第22条(ネットライナー券が無効になる場合)
  ネットライナー券は、次の各号のいずれかに該当した場合、効力を失います。
(1) ネットライナー券の画面表示などを改変して使用したとき
(2) その他ネットライナー券を不正に使用したとき

第23条(ネットライナー券の払い戻し)
  本サービスにより購入したネットライナー券は、乗車予定列車の所定の発車時刻前であれば、所定の手続きにより購入件数単位で払い戻しできます。特別急行料金は、1席あたり100円の手数料を差し引き、ご購入された際に利用されたクレジットカード口座へ払い戻しします。なお、決済サービスを利用された場合の払い戻し方法は、ご利用の決済サービスの処理方法に準じます。
2 乗車予定列車が事故等により運休となった場合または着駅到着時刻に1時間以上遅延したときは、当社は当該列車のネットライナー券を購入していた利用者に対し、ご購入された際に利用されたクレジットカード口座へ無手数料で払い戻しを実施します。なお、決済サービスを利用された場合の払い戻し方法は、ご利用の決済サービスの処理方法に準じます。

第24条(使用開始前の変更)
  本サービスにより購入したライナー券の使用開始前の変更(以下、「使用開始前の変更」といいます)については、次の各号のとおりとします。
(1)使用開始前の変更は、乗車するスカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーの変更、乗車区間の変更、および乗車人数の変更ができるものとします。
(2)乗車予定列車の所定の発車時刻前までに、本サービスのシステムから所定の変更手続を行った場合に限り、変更できるものとします。
(3)変更するスカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーに空席がある場合で、かつ所定の乗車駅発車時刻5分前までに限り変更できるものとします。
(4)変更は、1号に定める変更のうち1回に限り取扱います。ただし、所定の手続きに従って複数の変更を同時に行う場合のみ、1回とみなし変更を行う場合があります。
(5)既にお支払いいただいている購入金額より少ない発売金額となるライナー券への変更はできません。
(6)ネットライナー券の変更手続きが完了した場合、その旨をメールで通知します。メールの送信をもって変更が成立するものとします。
(7)変更により、特別急行料金に不足が生じる場合は、購入時と同様の決済方法により決済するものとします。

第25条(使用開始後の変更)
  ネットライナー券により乗車したスカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーの出発後、車内で乗車区間等を変更する場合、車内係員にお申し出いただき、その承諾を受け、1回に限って区間の変更をすることができます。ただし、同一スカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーで空席がある場合に限り取扱います。
2 前項により、使用開始後に変更の取扱いをする場合は、変更前のネットライナー券に対する既に収受した特別急行料金と実際乗車区間に対する特別急行料金とを比較し、不足額を収受します。

第26条(利用者のインターネットの利用環境)
  本サービスは、ホームページ画面が当社所定の仕様に従って適切に表示されることを前提とし、ネットライナー券面の表示不良その他利用者のスマートフォン等の設定環境や、通信事業者等の都合に起因する不具合により生じた利用者の損害に関して当社は一切の責任を負いません。

第27条(本サービスに関わる通信費用)
  本サービスの利用にかかわるスマートフォン等の通信費用等については、利用者の負担とします。

第28条(免責事項)
  当社は、当社に故意または重大な過失がある場合を除き、本サービスの利用に関連して、または本サービスを利用できなかったことにより、利用者または第三者に発生した損害、損失または不利益(機会損失または副次的または派生的損失を含みます。以下、同様)について、一切の責任を負いません。
2 当社は、クレジットカードおよび決済サービスの利用におけるトラブルについて、一切の責任を負いません。
3 当社は、以下のいずれかの事由に該当する場合、利用者に事前に通知することなく本サービスの一部もしくは全部を中断または停止することがあり、それにより利用者または第三者が被ったいかなる損害、損失または不利益について、一切の責任を負いません。
(1)システム(決済サービス提供事業者のシステムを含みます)の保守点検、更新を定期的または緊急に行う場合
(2)戦争、暴動、地震、火災、停電その他の非常事態等により、本サービスの提供が困難な場合
(3)電気通信事業者・決済サービス提供事業者の役務が提供されない場合(システム障害等)
(4)その他、運用上あるいは技術上当社がサービスの一時中断、もしくは停止が必要であるか、または本サービスの提供が困難であると判断した場合

第29条(反社会的勢力の排除)
利用者は、自己または自己の代理人もしくは媒介をする者が、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下、これらを「反社会的勢力」といいます)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
(1)反社会的勢力が関与していると認められること
(2)自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもって、不当に反社会的勢力を利用していると認められること
(3)反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められること
2 前項の確約に反して、利用者または利用者の代理もしくは媒介をする者が反社会的勢力あるいは前項各号の一にでも該当することが判明したときは、当社は何等の催告をせず、本サービスの利用をお断りできるものとします。なお、これに伴い利用者に発生した損害に関し、当社は一切の責任を負いません。

第30条(準拠法)
  本規約の成立・効力・履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

第31条(協議解決)
  本サービスにおいて利用者と当社との間で紛争が生じた場合には、利用者と当社の間で誠意をもって協議するものとし、協議によっても解決しない場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第32条(利用規約の効力)
  本規約は2018年5月25日より効力を有します。