スカイライナー チケットレスサービス

会員規約
スカイライナーチケットレスサービスにお申し込みいただき、誠にありがとうございます。以下の「会員規約」をお読みいただき、内容にご承諾いただける場合は、「規約に同意する」にチェックを入れ、「次に進む」を押してください。

第1条(目的)
 本規約は、京成電鉄株式会社(以下、「当社」といいます)が提供する、「スカイライナーチケットレスサービス会員」を対象とするサービス(以下、「本サービス」といいます)の加入条件および利用条件を定めるものです。本規約に定めていない事項については、当社の旅客営業規則等に定めるところによります。
 
第2条(用語の定義)
 本規約における主な用語の定義は、次の各号に掲げるとおりとします。
(1) 「会員」とは、本規約を承認の上、入会し、本サービスを利用するお客様のことをいいます。
(2) 「ネットライナー券」とは、会員が本サービスを利用して購入したスカイライナー券、イブニングライナー券、モーニングライナー券またはシティライナー券で、当社指定のURLから本サービスのシステムのサーバー上に記録された購入情報を携帯電話・スマートフォン等の画面に表示させることにより、スカイライナー券、イブニングライナー券、モーニングライナー券またはシティライナー券とみなすもののことをいいます。
(3) 「ユーザーID」とは、本サービスにおける会員が定める半角英数字8~12文字の情報のことをいいます。
(4) 「パスワード」とは、会員を認識するための情報のことをいいます。
(5) 「ID・パスワード再通知用暗証番号」とは、会員がユーザーIDまたはパスワードを忘失した場合、当社が会員にユーザーIDまたはパスワードを通知するために入会時にあらかじめ登録しておく暗証番号のことをいいます。
(6) 「メール」とは、携帯電話・スマートフォン等用の電子メールで、本サービスの運営に利用するもののことをいいます。
(7) 「ホームページ」とは、スカイライナー座席予約システムのWEBサイトのことをいいます。

第3条(本規約の変更)
 当社は、事前に会員に通知することなく、本規約(サービスの内容を含みます)を変更できるものとします。なお、本規約を変更した場合、変更内容を当社が適当と判断する方法で会員に通知し、または当社のホームページに掲示した後に会員が本サービスを利用した場合は、当該会員は変更後の規約内容に同意したものとします。
2 変更後については、変更後の内容のみ有効とします。
3 当社は、第1項の変更に起因した会員の損害等について一切の責任を負わないものとします。

第4条(会員が享受できるサービス)
 会員は、次の各号のサービスを受けることができます。
(1) 携帯電話・スマートフォン等より、本サービスのシステムに接続し、ネットライナー券の予約および購入をすること
(2) ネットライナー券の特別急行料金〔スカイライナー料金、イブニングライナー料金、モーニングライナー料金またはシティライナー料金〕を、本サービスに登録してあるクレジットカードにより決済すること
(3) 当社ライナー券券売機にてスカイライナー券、イブニングライナー券、モーニングライナー券またはシティライナー券を受け取ることなく、購入したネットライナー券により、指定のスカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーへ乗車すること
2 本サービスは、(過去または将来を問わず)全ての携帯電話・スマートフォン等に関して動作を保証するものではなく、会員が利用する携帯電話・スマートフォン等の機種によっては、前項のサービスの全部または一部を利用出来ないことがあります。
3 当社は、前項に定める理由により会員が本サービスを利用できなかったことによる会員の損害等については、一切の責任を負わないものとします。

第5条(入会・会員)
 会員への入会申込は、本規約に同意し、当社が指定する手続きに従って会員登録申請することにより行うものとします。
2 当社は会員登録申請者に対し、仮登録完了通知をメールにより発信いたします。会員は、仮登録完了通知メール内の本登録用URLにアクセスし、クレジットカード情報を登録するものとします。ただし、申請時のメールアドレスが誤っている場合には、仮登録完了通知が受信できないため、会員にはなれません。
3 当社が登録完了通知をメールにより発信し、申請者に当該通知が着信した時点で、申請者は本会員に入会し会員になるものとします。

第6条(本サービスに関する業務の委託・譲渡)
 当社は本サービスおよび本サービスに関する業務の一部または全部を当社が指定する第三者に委託できるものとします。
2 前項の場合、当該第三者に、本サービスおよび本サービスに関する業務における当社の地位および当社の有する情報、本サービスの内容の一部または全部を継承できるものとします。この場合会員はその登録情報が業務を継承する会社等により本サービスに関する業務に利用されることに同意します。

第7条(変更の届出)
 会員は、当社に届出ている会員情報に変更が生じた場合には、速やかに所定の手続きにより修正するものとします。
 
第8条(退会および会員資格の取消)
 会員は、当社指定の方法により退会手続きをすることにより、退会できるものとします。但し、当社の判断により本サービスの運用の全部または一部を中断および中止している場合は退会ができない場合があります。
2 前項にかかわらず、以下の各号のうちひとつでも該当する場合は退会できないものとします。
(1)チケットレス決済前の予約がある。
(2)チケットレス決済後の未だ乗車されていない予約がある。
3 会員が以下の各号のうちひとつでも該当する場合、当社は、当該会員に事前に通知することなく、直ちに会員資格を取り消すことができるものとします。
(1)第9条の禁止事項の行為を行った場合
(2)最終決済日から起算して1年間決済がない場合
(3)本規約に違反した場合
(4)その他、会員として不適切もしくは会員の継続が困難であると当社が判断した場合
4 前項の規定に基づいて当社が会員資格を取り消した場合、当該会員の保有する本サービスおよび本サービスに関連するサービスにおけるすべての権利は失効するものとし、権利の失効に伴って発生した会員の損害に関して一切補償しないものとします。

第9条(禁止事項)
 会員は、本サービスの利用にあたって次の各号の行為を行ってはならないものとします。
(1)当社もしくは第三者の著作権、その他の権利を侵害する行為、また侵害するおそれのある行為
(2)当社もしくは第三者の財産もしくはプライバシーを侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
(3)当社もしくは第三者に不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為
(4)公序良俗に反する行為、もしくはそのおそれのある行為
(5)犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為
(6)事実に反する情報を登録もしくは送信する行為、情報を改ざんもしくは消去する行為
(7)本サービスに関連する営利を目的とする行為、またはその準備を目的とする行為
(8)本サービスの運営を妨げる行為、またはそのおそれのある行為
(9)本サービスの信用を毀損する行為、またはそのおそれのある行為
(10)クレジットカード会社と会員との間の契約に違反し、そのクレジットカードを本サービスにおいて利用する行為
(11)ユーザーIDおよびパスワードを不正に使用する行為、またはそのおそれのある行為
(12)当社に対して虚偽の申告、届出を行う行為
(13)ホームページに対しコンピューターウィルス等有害なプログラムを使用するもしくは提供する行為、またはそのおそれのある行為
(14)その他、法令に違反する、または違反するおそれのある行為
(15)前各号に定める行為を助長する行為
(16)前各号に該当するおそれがあると当社が判断する行為
(17)その他、当社が不適切と判断する行為

第10条(ユーザーID、パスワードおよびID・パスワード再通知用暗証番号の管理)
 ユーザーIDは、会員本人のみが利用できるものとし、会員以外の第三者に利用させることはできません。
2 会員は、ユーザーID、パスワードおよびID・パスワード再通知用暗証番号(以下「ログイン情報」といいます)を他人に知られることがないよう、会員本人が責任をもって管理するものとします。
3 ログイン情報の管理不十分、第三者の使用等による損害の責任は会員の故意過失の有無にかかわらず会員が負うものとします。なお、当社は会員の行為が原因でログイン情報の漏洩により生じた会員の損害については一切補償しません。
4 会員は、ログイン情報の盗難、漏洩があった場合、直ちに当社にその旨を連絡するとともに、当社からの指示に従うものとします。
5 会員は、ユーザーID、パスワードを忘失した場合、本サービスのシステムに接続できません。
6 当社所定の手続により、会員情報登録の際に登録したメールアドレスとID・パスワード再通知用暗証番号を入力した場合、当社は、当該メールアドレスにユーザーIDおよびパスワードを通知いたします。
7 会員が、本サービスのシステムに接続して所定の操作を行う際に、パスワードを誤って入力し、かつ誤入力が一定の回数に達した時は、所定の時間、本サービスの利用が出来なくなることがあります。
8 会員が、6項によりユーザーIDおよびパスワードの再通知を受ける所定の操作を行う際に、メールアドレスおよび、ID・パスワード再通知用暗証番号を誤って入力し、かつ誤入力が一定の回数に達した時は、再通知の利用ができなくなることがあります。
9 前項の場合、会員が京成お客様ダイヤル(TEL:0570-081-160)に電話にて問い合わせ、所定の処理を行うことにより、当社は会員に再通知を行うことができるようになります。

第11条(特別急行料金〔スカイライナー料金、イブニングライナー料金、モーニングライナー料金またはシティライナー料金〕の決済)
 本サービスによる特別急行料金〔スカイライナー料金、イブニングライナー料金、モーニングライナー料金またはシティライナー料金〕等の決済は当社指定のクレジットカードにより行うものとします。なお、利用可能な指定クレジット会社は会員に予告なく変更する場合があります。
2 会員は、本サービスによる特別急行料金〔スカイライナー料金、イブニングライナー料金、モーニングライナー料金またはシティライナー料金〕等の決済にあたり当社所定の手続により、申請書本人名義の有効なクレジットカード番号、カード有効年月を登録するものとします。なお、登録可能なクレジットカードについては、当社が指定し、会員に予告なく、変更できるものとします。
3 会員は、本サービスの利用に関連してカード会社との間または第三者との間で紛争が生じた場合、自己の費用と責任において解決するものとし、当社に何等かの損害を与えないものとします。また、当社は、かかる紛争に関連または起因して会員に生じた損害につき、いかなる責任をも負わないものとします。
4 会員とカード会社との紛争に関連または起因して当社が損害を被った場合、会員は、かかる損害について当社に賠償する責任を負うものとします。
5 当社は、次の各号のいずれかに該当すると認めた場合、会員に事前に通知することなく、クレジット情報の登録を抹消し、またはクレジットカードの利用を一時的に中止することができるものとします。
(1)会員または当社が登録クレジットカードの発行会社より、当該クレジットカードについて無効扱の通知を受けたとき
(2)会員または当社が登録クレジットカードの発行会社より、当該クレジットカードについて不正使用の通知を受けた場合
(3)その他、登録クレジットの使用が当社または第三者の権利を侵害する可能性があると当社が判断した場合

第12条(当社設備の修理または復旧)
 当社の設備もしくは本サービスに関するシステムの異常(故障、障害)が生じ、またはその設備が滅失したことを当社が知ったときは、速やかにその設備を修理・復旧するよう努めるものとします。
2 当社は理由の如何を問わず、前項に規定する異常・滅失によって生じた会員の損害につきましては、一切補償しないものとします。

第13条(個人情報の取扱い)
 会員は、入会申込みにおいて、正確な個人情報を当社に提供するものとします。
2 会員は、当社に届け出た個人情報に変更が生じた場合、速やかに所定の手続により当社に届け出るものとします。
3 当社は、当社が会員から入手した電子メールアドレス及びその他の情報(以下「会員情報」という。)を、京成電鉄個人情報保護方針および当社規定に基づき適切に扱うものとします。
4 当社は、会員情報を本サービスおよび本サービスに付随するサービスにおいて利用します。
5 会員は当社が、会員情報を本サービスの直接提供の他、以下の目的で利用することに同意するものとします。
(1)退会後においても、緊急時に情報を提供するための電子メールの送付
(2)本サービスにおける新規サービスの追加または本サービスに関連する情報の提供
(3)本サービスの利用動向の統計分析
6 会員は、当社が本サービスの運営上必要な範囲で会員情報を業務委託先、クライアント等の第三者に開示することに同意します。
7 当社は、会員が第三者に不利益を及ぼすと判断した場合には、登録内容を当該第三者や警察または関連機関に通知することができます。
8 裁判所、検察庁、警察、弁護士会、消費者センターまたはこれらに準じた権限を有する機関から会員登録内容についての開示を求められた場合、当社はこれに応じて情報を開示することができます。
9 会員は、会員情報が本サービスおよび今後当社において新たに展開するサービスに関し利用されることに異議を申し立てないものとします。

第14条(会員のインターネットの利用環境)
 本サービスは、ホームページ画面が当社所定の仕様に従って適切に表示されることを前提とし、ネットライナー券面の表示不良その他会員の携帯電話・スマートフォン等の設定環境や、通信事業者等の都合に起因する不具合により生じた会員の損害に関して当社は一切補償いたしません。
2 当社に起因しない通信環境の不具合により生じた会員の損害については、当社は一切の補償をいたしません。

第15条(契約の成立時期および適用規定)
 本サービスによる運送等の契約は、会員自らが携帯電話・スマートフォン等の操作により当社スカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーのネットライナー券の購入手続きをし、当社システムが座席番号確定後、購入実行処理をし、当社から購入情報を会員にメールで返信した時点で成立するものとします(なお取消の場合も同じ条件とします)。

第16条(携帯電話・スマートフォン等によるスカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーへの乗車)
 携帯電話・スマートフォン等に表示された当社指定のURLから本サービスのシステムのサーバー上に記録されている購入情報の画面をもってスカイライナー券、イブニングライナー券、モーニングライナー券またはシティライナー券とみなします。
2 会員は、スカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーに乗車する場合、乗車列車に該当するネットライナー券を表示できる当該携帯電話・スマートフォン等を携行するものとします。
3 会員が携帯電話・スマートフォン等を携行しなかった場合、または乗車時に携帯電話・スマートフォン等の故障および電池切れ等により、当社の係員が当該のネットライナー券を確認できない場合は、会員は当該区間のスカイライナー券、イブニングライナー券、モーニングライナー券またはシティライナー券を再度購入するものとします。
4 前項の場合、会員は、旅行終了駅において、再収受証明書の交付を請求することができます。

第17条(再収受した料金の払い戻し)
 前条の第3項の規定によってスカイライナー料金、イブニングライナー料金、モーニングライナー料金またはシティライナー料金を支払った会員は、携帯電話・スマートフォン等の故障修理後および充電後、当該ネットライナー券の購入履歴と再収受証明書とを1年以内にライナー券売り場の窓口係員に提示および差し出し、当社の係員が再収受した事実を確認できた場合は、当社規則により手数料を差し引いた上でネットライナー券を払い戻しいたします。

第18条(係員の確認)
 会員は、スカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーに乗車の際、当社係員の求めがあった場合はいつでも、当該列車に該当するネットライナー券が表示された携帯電話・スマートフォン等の画面を提示するものとします。

第19条(本サービスに関わる通信費用)
 ネットライナー券の利用にかかわる携帯電話・スマートフォン等の通信費用等につきましては、会員の負担とします。

第20条(携帯電話・スマートフォン等でのネットライナー券の購入)
 本サービスによるネットライナー券の予約・購入の取扱いは次の各号のとおりとします。
(1)予約可能期間は、スカイライナー・イブニングライナー・モーニングライナーまたはシティライナーの乗車日の1ヵ月前の午前9時から乗車するスカイライナー・イブニングライナー・モーニングライナーまたはシティライナーの出発時刻の5分前とします。なお、イブニングライナー・モーニングライナーを予約・購入する場合、予約手続きが完了すると続けて購入手続き画面へ進みます。
(2)購入可能時間は、乗車日の1ヶ月前の午前9時から、乗車するスカイライナー・イブニングライナー・モーニングライナーまたはシティライナーの出発時刻の5分前までとします。
(3)予約内容の保持期限は、予約完了後から、乗車するスカイライナー・イブニングライナー・モーニングライナーまたはシティライナーの出発時刻の5分前までとします。なお、保持期限を過ぎた予約は無効となります。なお、イブニングライナー・モーニングライナーを予約・購入する場合、予約手続きが完了すると続けて購入手続き画面へ進みます。
(4)一度に予約・購入できる人数は、大人・小児合わせて8人までです。
(5)予約・購入できる列車は、スカイライナー・イブニングライナー・モーニングライナーまたはシティライナーの上下各列車です。
(6)予約・購入の手続きが完了した場合、その旨をメールで通知します。

第21条(ネットライナー券が無効になる場合)
 ネットライナー券は、次の各号のいずれかに該当した場合、効力を失います。
(1) ネットライナー券の画面表示などを改変して使用したとき
(2) その他ネットライナー券を不正に使用したとき

第22条(使用開始前の変更)
 本サービスにより購入したスカイライナー券、イブニングライナー券、モーニングライナー券またはシティライナー券の使用開始前の変更(以下、「使用開始前の変更」といいます。)については、次の各号のとおりとします。
(1)使用開始前の変更は、乗車するスカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーの変更、乗車区間の変更、および乗車人数の変更ができるものとします。
(2)乗車予定列車の発車時刻前までに、本サービスのシステムから所定の変更手続を行った場合に限り、変更できるものとします。
(3)変更するスカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーに空席がある場合で、かつ乗車駅発車時刻5分前までに限り変更できるものとします。
(4)変更は1号に定める変更のうち1回に限り取扱います。ただし、所定の手続きに従って複数の変更を同時に行う場合のみ、1回と見なし変更を行う場合があります。
(5)既にお支払いいただいている購入金額より少ない発売金額となるスカイライナー券、イブニングライナー券、モーニングライナー券またはシティライナー券への変更はできません。
(6)ネットライナー券の変更手続きが完了した場合、その旨をメールで通知します。
(7)変更により、特別急行料金〔スカイライナー料金、イブニングライナー料金、モーニングライナー料金またはシティライナー料金〕に不足が生じる場合は、会員が登録しているクレジットカードにより決済されるものとします。

第23条(使用開始後の変更)
 ネットライナー券により乗車したスカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーの出発後、車内で乗車区間等を変更する場合、車内係員にお申し出いただき、その承諾を受け、1回に限って区間の変更をすることができます。ただし、同一スカイライナー、イブニングライナー、モーニングライナーまたはシティライナーで空席がある場合に限り取扱います。(ログインでは、この取扱いは不可)
2 前項により、使用開始後に変更の取扱いをする場合は、原ネットライナー券に対する既に収受した特別急行料金〔スカイライナー料金、イブニングライナー料金、モーニングライナー料金またはシティライナー料金〕と実際乗車区間に対する特別急行料金〔スカイライナー料金、イブニングライナー料金、モーニングライナー料金またはシティライナー料金〕とを比較し、不足額を収受します。なお、同額の場合は特別急行料金〔スカイライナー料金、イブニングライナー料金、モーニングライナー料金またはシティライナー料金〕を収受せず、過剰額は払い戻しをしません。

第24条(ネットライナー券の払い戻し)
 本サービスにより購入したネットライナー券は、乗車予定列車の乗車駅発車時刻前であれば、所定の手続きにより購入件数単位で払い戻しできます。特別急行料金〔スカイライナー料金、イブニングライナー料金、モーニングライナー料金またはシティライナー料金〕は、1席あたり100円の手数料を差し引き、ご購入された際に利用されたクレジットカード口座へ払い戻しします。
2 乗車予定列車が事故等により運休となった場合または着駅到着時刻に1時間以上遅延したときは、当社は当該列車のネットライナー券を購入していた会員に対し、払いもどしのご案内通知をメールにより発信します。
3 会員が前項の通知を受けた場合、当社指定のURLから所定の手続きを行うことにより、ご購入された際に利用されたクレジットカード口座へ無手数料で払い戻しの処理を行うことができるものとします。

第25条(本サービスの中止・中断・変更)
 当社は、次の各号の場合、会員に通知することなく本サービスの提供を中止または、中断することがあります。
(1)本サービスのシステムの保守を定期的にまたは緊急に行う場合
(2)通信事業者およびプロバイダーの回線障害、システム障害等により本サービスの提供が困難な場合
(3)戦争、暴動、地震、火災、停電その他の非常事態により、本サービスの提供が困難な場合
(4)その他本サービス運営上、必要と判断した場合
2 前項の各号において、本サービスに関し会員が受けた不利益については、当社はその復元・補償など一切の責任を負いません。

第26条(クレジット情報の管理)
 会員のクレジットカード情報に関しては、乗車予定列車の乗車駅発車時刻後、またはネットライナー券の変更、ネットライナー券の取消等により精算が必要な場合にはその処理が完了した後、当社のデータベースより一定期間経過後、速やかに削除いたします。これにより、削除後は会員のクレジット情報に対するお問い合わせに関し、当社が回答出来ないことを了承し、当社はそれによって生じるいかなる損害、障害等に対して一切の責を負いません。

第27条(準拠法)
 本規約の成立・効力・履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

第28条(協議解決)
 本サービスにおいて会員と当社間の間で問題が生じた場合には、会員と当社の間で誠意をもって協議するものとし、協議によっても解決しない紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属合意管轄裁判所とします。

附 則
2010年7月17日制定
2015年12月5日改定